トップページ > おうちTOWNの土地活用マネージャブログ!

親孝行も相続対策!?

投稿日:2015年5月7日 | 投稿者: | カテゴリー:
indx

こんにちは。サ高住担当の俵原です。

もうすぐ、「母の日」「父の日」ですね。皆さん親孝行はしていますか?

余計なお世話!と思われるかもしれませんが、相続で親孝行は結構大事なところも

あるんです。

まず、相続で、何か準備をしておかなければならなかった時に、親御さんが、

ボケてしまっていたり、子供さんとの折り合いが悪かったりしたらどうでしょう。

何の準備も出来ないですよね。健康で、いつまでも仲良い家族が一番です。

 

又、相続税の税の軽減として、「小規模宅地の特例」というのがありますが、

現在、ご両親がお住まいの自宅を、相続が発生した後も相続人が住みますよと

言う事で、土地の評価を80%も軽減してくれます。(300㎡が上限)

でも、これは、相続発生以前からの同居が条件なんですよ。

喧嘩したり仲が悪かったら、同居は難しいですよね。

 

こんな調査結果があります。

平成5年に第一生命保険さんが相続に関して意識調査をしているのですが、

男親と女親では、相続時の分与に関して若干の違いが出ています。

男親(お父さん)は、基本的に財産は、子供たちになるべく平等に分けたいと考えていますが、

女親(お母さん)は、そこに、自分の面倒を良くみてくれた子供を優遇したい気持ちが

優先される様です。かなり違う意識ですね。大事にして欲しいのでしょうね。

 

相続で、揉めない、しっかりと準備をする為には、ご両親、親御さんが元気なうちから、

仲良く話し合っている事が、一番大切です。その為にも親孝行!大事ですよ。

 

もうすぐ母の日、父の日です。相続の為、と言う訳でもなくても、日ごろの感謝、

伝えてみては如何でしょうか。

土地活用は、怖い!?

投稿日:2015年5月6日 | 投稿者: | カテゴリー:
28f645ea1dd4f8aa609b75b11d10baf3_m

こんにちは。サ高住担当の俵原です。

春になり、いやもうすぐ初夏ですかね。最近よく活用や相続のご相談があります。

お話の中で、土地活用は「怖い」なんてお話を聞きますが、

正確には、「借金が怖い」というところみたいです。

土地活用と言えば、賃貸事業での活用が皆さんのイメージとしてあるんでしょうね。

そうなると、自己資金での対応ではなく、金融機関からの融資での事業になるケースが

多いですから、「借金」のイメージが強いんでしょうね。

 

誰でも借金は嫌なものです。「借りたら返す。」のが当たり前ですから、大きな額になれば、

自分だけでは返せない、子供の代まで借金が残ると思うのでしょうね。良く解ります。

 

それは誰もが感じる事であって、正常であると言えます。

では、なぜ土地活用をするのでしょうか。それは、「必要」だからです。

当たり前の様に聞こえますが、ここが大事なところなんです。

理由や事情というのは、家や人によって様々です。

税金対策であったり、相続対策であったり、収入補填なんかもありますよね。

で、その理由があって、必要だという事になったから、活用するわけです。

 

何の為に土地を活用するのか、まず理由をしっかり考える。

次に活用する事でのリスクは何があるのか、自分で解決出来る事なのかそうではないのか。

メリットは何なのか。で、本当に必要かどうかを判断する。

 

銀行融資は、あまり怖く考える必要はありません。

なぜなら、銀行が一番怖がっているからです。銀行は、融資をして、貸した人が、

きちんと利息を払ってくれる事を望んでいます。だから、危ない事にはお金を

貸したりしません。

多くの人の場合、初めて土地活用での投資をする人が殆どですから、銀行取引の

実績も信用もあまりないですよね。だから、銀行が一番シビアに判断します。

 

私も自己資金で活用をする人でも、銀行融資を申し込んで貰うようにしています。

銀行がお金を貸さない事業は、あまり上手くいかない。リスクが高い事をしって

いるからです。

必ず借りなさいと言っている訳ではありません。銀行にも土地活用の際は、

事業の有効性を判断してもらいましょうという事なのです。

 

 

今年は、土地活用するには良い年です。お客様にあった土地活用が

出来ますように、お手伝いしていきます。

今年は稲を植えますか?

投稿日:2015年3月15日 | 投稿者: | カテゴリー:
4bb828580d294982cc862571cc37792f_m

こんにちは。サ高住担当の俵原です。

 

3月に入り、少しづつ暖かくなってきましたね。

春になると農家さんは、忙しくなりますね。もうこの時期だと、

田んぼの準備が始まります。田起こしや草取りにトラクターの手入れを始めてるところもあるでしょうね。

 

トラクターといえば、どの位の値段かご存知ですか?一般的に使われているもので、200万円ほど

すると言われています。

ちなみに稲作に必要な大きい農機具を全部あげると、

トラクター    200万位

田植え機     100万位

コンバイン    400万位

乾燥籾すり機   200万位

そんなに大規模でない農家さんを想定しましたが、それでも1000万円近くかかるんですよ。

 

これだけお金をかけて、つくるお米って一体どの位収入があるんでしょうね。

昔から、「畝一俵」お米が取れたらすごく良い年と言われています。

畝とは、広さの単位です。田んぼ一枚が、約一反と言われ、その10分の1が1畝です。

つまり、田んぼ一枚で、10俵は取れないという事です。

1俵は60キロですので、皆さんが買われているお米の金額で計算してみて下さいね。

 

もうすぐ田植えの時期がやってきます。一旦植えてしまえば、収穫までは作りますよね。

作る前に見直してみる。良い時期だと思うんですがね。

 

 

余談ですが、スーパーカーで有名な「ランボルギーニ」(私おじさんなので、カウンタック位しか知らないですが。)、

元々は農機具メーカーなんです。北海道とかの大規模農家さんランボルギーニのトラクターに乗ってるらしいです。スゴイ

 

 

確定申告が終わったら考えましょう。

投稿日:2015年3月10日 | 投稿者: | カテゴリー:
小規模共済

間もなく確定申告が終わりますね。

賃貸事業をされている皆さんは、申告どうされていますか?

青色(事業)申告をされている方も多いのではないでしょうか?

 

賃貸事業で青色申告出来る対象は、「5棟10室」同等以上の規模で賃貸事業をしている事が必要です。

 

5棟10室とは、戸建ての借家で5棟、アパートマンションなら10室以上という事です。

 

青色申告には、いろいろな控除の優遇があります。その一つが、

「小規模企業共済等掛金」の控除です。

簡単に言うと、小規模企業共済は、個人事業主の退職金積立制度です。

掛金が全額、経費として控除されます。

 

さて、この共済は、相続対策としても効果があります。

賃貸事業は、退職っていつでしょうか?

建物をすべて壊して廃業するか、事業主が亡くなったときになるかと思います。

この共済は、事業主が亡くなった際に、掛金が「死亡退職金」として受け取れます。

亡くなった時=相続が発生した時

この場合、相続人一人当たり、500万円まで無税で受け取る事が出来ます。

現金を遺すには、小規模企業共済は、良い方法ではあるんです。

※掛金に上限があります。年84万円までです。

 

所得税の節税と相続対策に効果がある、小規模企業共済、この機会に考えてみてくださいね。

ちなみに、税理士さん、商工会議所さん等が窓口です。

 

ブログ再開します。

投稿日:2015年3月7日 | 投稿者: | カテゴリー:
a295414e615be13a47bc7ff9b6712589_m

やっと完了しました。

年末から、3件のサ高住の登録申請、補助金申請を行ってきましたが、

やっと昨日完了しました。

言い訳ですが、ホント大変なんです。

ほっとしたら、ブログを全くやっていなかった。(反省)

あらためて再開する事にします。どうぞよろしくお願いします。

スタッフブログ

最新のお知らせ

アーカイブ

カテゴリー

入居者募集

スタッフブログ

<ご注意>愛媛県全域及び、徳島県・香川県の一部の地域のみ、土地活用のご提案をさせていただくことが可能です。予めご了承下さい。

ページトップ