トップページ > おうちTOWNの土地活用マネージャブログ!

特養待機者が減少

投稿日:2016年7月2日 | 投稿者: | カテゴリー:
002

こんにちは。俵原です。

昨日、今日の新聞でみました。

「特養待機者減少」の記事です。2015年の待機者数が、2013年に比べ

18パーセントも減少したというのだ。

全国では、一時は約52万人いると言われた待機者が、42万人まで減った事に

なる。しかし、これは、「減少」では無く、「排除」された数字だと思う。

今までは、要介護1以上でも入れた特養が、要介護3以上でないと入れなくなり、

要介護1、2の人が入居の申し込みをしなくなったからだけなのだ。

要介護1、2の方でも、在宅(自宅)では、安心して住めない、お手伝いの必要な

方も多くいらっしゃいます。この人たちは、一体どうすれば良いんでしょうか。

 

特養は、ほぼ行政の補助で生活出来ます。個人の負担は低く、1か月に必要な

費用は、6万~8万円です。国民年金で、十分暮らせるのです。

それと違って私たちが普及に努めている「サ高住」や「有料老人ホーム」では、

1月十数万円から二十数万円かかります。絶対特養の方が費用負担は、少ないのです。

私たちも少しでも費用負担を下げる為に努力はしています。「月額10万円台」の

費用負担で済むような「サ高住」を広めています。

 

ですが、正直ギリギリなんです。介護をするスタッフの待遇も改善しなくてはいけない。

でも介護保険の収入は下がる。矛盾した介護保険行政の下で、一所懸命やってます。

スタッフの皆さんには本当に頭がさがります。

 

私たちは、地域の高齢者の暮らしを守る企業として、これからも安く、安心して

暮らせる住宅を普及し続けていきます。

今回の新聞報道、皆さんはどうお感じになりましたか?

災害にどう備えるか。

投稿日:2016年6月20日 | 投稿者: | カテゴリー:
April 19, 2016, Kumamoto, Japan - A woman walks past collapsed houses at Mashiki town in Kumamoto prefecture on Tuesday, April 19, 2016. More than 40 people died and some 1,000 injured as massive earthquakes attacked Japan's southern island of Kyushu. (Photo by Yoshio Tsunoda/AFLO) LWX -ytd-

こんにちは。俵原です。

4月に熊本で震災が発生してから、2か月が経過しました。

まだまだ多くの方が避難され、復興には長い時間を要しそうです。

被災された皆様、ご関係者の方には心よりお見舞い申し上げます。

 

震災が起こるたびに、地震への備えを啓発する活動が一時的に活発になりますが、

少し過ぎると対岸の火事のように遠くへ忘れてしまいがちです。

つい先日、築年数がかなり古い借家をご所有のオーナー様とお話しした際、驚きの言葉が!

私が、「かなり老朽化していますが、耐震補強や場合によっては建替えはされないのですか?」

ときいたところ、

「阪神大震災、芸予地震、熊本と結構揺れたけど、壊れなかったから、今更ね。」

というお返事でした。とてもぞっとする思いでした。

皆さんは、今年震度5以上の地震が全国で何回あったかご存知でしょうか。

6月20日現在で、なんと!25回も発生しています。

因みに、

2013年 12回/年

2014年 10回/年

2015年 10回/年

半年で、2倍以上の回数が発生しているんです。

前も大丈夫だったから、今回もと果たして言えるでしょうか。

家族も入居者もしっかり守る備えが必要じゃないでしょうか。

 

6月22日 ひめぎんホール別館  賃貸 空室対策セミナー

6月28日 今治テクノプラザ   相続土地活用セミナー

ここで、耐震のお話も少しさせて頂きます。ご興味がありましたら、

おうちタウンスタッフまでご連絡ください。

相続手続きは、早い方が良い!?

投稿日:2016年2月12日 | 投稿者: | カテゴリー:
048

こんにちは。俵原です。

 

先日は、新居浜市で「相続対策セミナー」がありました。

24組もの皆様に参加頂きました。本当にありがとうございました。

 

相続セミナーなどでは、皆様のご相談もお聞きしているのですが、

よくあるご相談で、「何年か前に親が亡くなっているけど、家の名義変えてません。」

「名義変えてなくても大丈夫ですよね。」なんて聞かれます。

 

これは、早めにしておいた方が良いんです。

なぜか!

① 名義を変えずにいると、次に相続が起こった時に名義変更が面倒になる。

② 活用や売却をする際に手続きが面倒になる。

③ 後廻しにする事で、もめごとのタネをのこす事になる。

などなど、まだまだ理由はいっぱいあります。

 

例えば、①については、亡くなった方が、公正証書遺言をのこしてくれていれば別ですが、

1回目の相続で、名義変更をせずに、2回目以降の相続で手続きをすると、相続人の数が

増える可能性があるからです。

相続人は、基本的に直系尊属(親⇒子⇒孫などの縦の流れ)ですが、相続人に子がいなかったり、

相続人が亡くなっていた場合に、代襲相続などが発生し、相続人数が増え、遺産分割協議に時間が

かかる可能性があります。

 

以前に経験した事例では、大正昭和初期の時代の頃から相続登記をしておらず、

2代前の相続の手続きをしようとした際に、相続人の数が、50人近くになったのを覚えています。

手続きには、約2年かかりました。本当に大変でした。

 

相続が発生した際は、法務局や司法書士さんなどに早めに相談して、早めの手続きをお勧めします。

おうちTOWNでは、相続の相談が、いつでも出来ます。気になったら是非ご相談ください。

贈与の落とし穴。

投稿日:2016年1月12日 | 投稿者: | カテゴリー:
210054

こんにちは。俵原です。

昨年(2015年)に相続税と贈与税が改正されたのって覚えていますか?

 

相続税の基礎控除が6割まで下がり、多くの人が相続税の対象になったと言われています。

 

そのかわりに、贈与税は緩和されて、子供や孫への贈与がしやすくなりましたよね。

 

ただ贈与の場合は、よく間違った形で覚えている人がいますのでご注意ください。

 

皆さん、年間110万円までなら、贈与しても無税って聞いたことあると思いますが、

 

確かにその通りなんですけど。。。。

毎年、同じ時期に同じ額を繰り返し贈与したとするじゃないですか。

例えば、100万円を毎年12月に5年間続けたとしますよね。

 

これ場合によっては、計画的に元々500万円を贈与するつもりだったでしょ。と

税務署から、500万円の贈与税を払いなさいと言われることだってあるんです。

 

こんな事にならない為には。。。

・贈与の時期を変える

・贈与の額を変える。

・あえて贈与税がかかるくらい贈与して納税する。

などなど、計画的では無いですよとわかるようにしないといけないですね。

 

ただ単純に贈与をするのではなくて、税理士さんやファイナンシャルプランナーさん等に

相談してからの方が良いかもしれないですね。

 

ご相談は、いつでもお気軽に。

マイナンバー

投稿日:2016年1月11日 | 投稿者: | カテゴリー:
iroha_char03

こんにちは。土地活用担当の俵原です。

 

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が始まりましたね。

 

相続税、贈与税にマイナンバーは、大きく関わって来ます。ご存知でしょうか?

 

税の申告には、これからマイナンバーの記載が義務付けられています。

 

相続税については、28年(今年)の1月1日以降の相続について、

贈与税については、28年に贈与、29年の確定申告から記載が必要です。

 

マイナンバーの導入によって、どんな影響が出てくるのでしょう。

基本的に、個人の資産の内容、資産の動きを行政がつかみやすくなるという事です。

 

不動産の売買取引や、登記の際にもマイナンバーが使われますし、

株取引や生命保険の契約などにもです。将来的には、銀行口座も紐付けされるとなっています。

 

今までは、これくらいは良いだろうと申告していない贈与や、申告するかしないか迷うような

相続なんかも、きっちり行政に把握されてしまうという事です。

 

税の不申告や過少申告などは、全部分かってしまうんでしょうね。

 

今までは関係ないと高をくくっていた人は、本当に要注意です。

 

今年は、資産の事しっかり考えて下さいね。

ご相談はお気軽に。

スタッフブログ

最新のお知らせ

アーカイブ

カテゴリー

入居者募集

スタッフブログ

<ご注意>愛媛県全域及び、徳島県・香川県の一部の地域のみ、土地活用のご提案をさせていただくことが可能です。予めご了承下さい。

ページトップ