トップページ > おうちTOWN「鳥殿」の太陽光マネージャブログ!  > 記事タイトル「 電気の自給自足の時代がやってきた?④ ~単価の高い時間帯の電気購入を抑える方法~」(投稿日:2016年4月28日)

電気の自給自足の時代がやってきた?④ ~単価の高い時間帯の電気購入を抑える方法~

投稿日:2016年4月28日 | 投稿者: | カテゴリー:
2016-04-28_18h02_11

数年前まで、私どもがお客様に太陽光をご紹介すると、必ずお客様から聞かれていたこと、「1年間にどのくらい売電で儲かる?」「何年で元が取れる?」これは、電気は売る時代と言われた固定買取価格が高い頃のお話です。

今年(平成28年)は、10KW未満の余剰電力買取で33円/kwh(抑制制御対応機器設置義務あり地域)で10年間、10KW以上の太陽光では25.92円/kwh(税込)とFITスタート時から比較すると大きく買取単価は下がっています。

 

2016-04-28_18h02_37

2016-04-28_18h03_00

2016-04-28_18h03_20

2016-04-28_18h03_37

2016-04-28_18h10_04

2016-04-28_18h14_58

平成22年を基準として考えると、10KW未満の余剰電力太陽光は48円/kwhの買取価格から今年は33円/kwhへ30%以上の買取価格ダウンです。

買取価格ダウンの理由の1つは、太陽光発電システムがFIT固定買取制度スタートから数年を経過し、普及が一気に進み、システムのコストダウンが可能になってきたこと。もう1つの理由は温室効果ガスを発生させる火力発電所を減らし、地球環境に優しい再生可能エネルギーへ転換させる施策を推進するために導入した固定買取制度によって、太陽光設置家庭と非設置家庭で光熱費に掛かる経費に大きな不公平が生じてきたことが挙げられます。

前回もお話しましたように、電気代が高騰してきた現在、日中単価の高い電気を購入する程、1ヶ月の光熱費は高くなります。光熱費を安くするためにはこの時間帯の電気を極力使わないことが効果的です。太陽光発電は日中晴れていれば基本的に単価の高い時間帯の電気を使わずに、家庭で使用する電気のほとんどを賄ってくれます。ですが、雨天の日や、そもそも太陽光が設置されていない家庭ではどうやって単価の高い時間帯の電気購入を回避すればよいのでしょうか?

1つの方法として、蓄電池の活用をお勧めします。現在の住宅用蓄電池はリチウムイオン電池で数年前からハリブリッド自動車用に開発されたものが、住宅用に改良されて現在に至っています。蓄電池の主な役割は比較的単価の安い時間帯に電気を貯めて、単価の高い時間帯に放電(電気が使用できる状態にする)ことで単価の高い時間帯に単価の安い電気を使用できることです。オール電化家庭においては、電気代の安い時間帯は夜間なので、この夜間に蓄電池を充電し、昼間に放電させることにより、天候に関わらず、安い電気代を活用できます。

さらに太陽光があれば、晴れた日の昼間は全く電気を使わず、夜間に貯めた単価の安い電気を雨天時の日中だけ放電させることによって電気代を抑えた生活ができます。また、昨年から、抑制制御対応機器設置義務が付いている地域では、これからの太陽光は日中でも電力会社から消費者が使用する電気の量によっては買取が抑制または買取されない時間も発生してくることが予想されます。買取されなかった太陽光は蓄電池がなければ、空気中に放電され、売電メリットはなくなります。しかし、蓄電池が付いていれば自動的に抑制を感知して買取されない電気を蓄電池へ貯めることができる機能のついた蓄電池が増えてきています。

今年3月末まで加入できた時間帯別電灯契約(四国電力)のご家庭であれば(給湯器もしくは、調理加熱機器のどちらかが電気使用)、太陽光が付いていなくても、蓄電池を導入することで、夜間電力の使用を増やし、日中の単価の高い時間帯の電気使用量を減らすため、光熱費削減の効果を出すことが可能です。

さらに蓄電池を効果的に使用するために、HEMSを活用しましょう。

HEMSについては次回お話したいと思います。

<ご注意>愛媛県全域及び、徳島県・香川県の一部の地域のみ、土地活用のご提案をさせていただくことが可能です。予めご了承下さい。

ページトップ