Q7古い家を取り壊して新築したいと考えています。ただ、家の前の道路は3mしかなく、
道路後退(セットバック)が必要と言われました。道路後退(セットバック)とは何ですか?
Q7
古くから道路として機能している4メートル未満の道路であれば(市道に限らず)、建築基準法42条2項の道路にあてはまることが予想されます。

建築基準法は昭和25年に制定されました。建築基準法42条2項では、「この規定が適用される時点で、すでに建築物が立ち並んでいる幅員4メートル未満の道路で、役所が指定したものは、前項(42条1項)の道路とみなし、その中心線から水平距離2メートルの線をその道路の境界線とみなす」という規定を設けました。

つまり、こうした4メートル未満の道路沿いの建築物をそのまま存置しながら、「今後、改築したり新築するときは、元の道路の中心線から2メートル後退(セットバック)したところまでは道路扱いになります。」としたのです。

家の前の道路が2項道路かどうかは、役所等にご確認ください。また、建築する建物の種類や規模によって2メートル以上後退しなければならない例もありますので注意が必要です。