Q9住宅ローンはすでに完済しているのですが、登記簿をとったら、抵当権がまだ残っていました。
抵当権の登記は消しておいたほうが良いのでしょうか?
Q9

その債務は、住宅ローンの返済が終わったときに消滅し、抵当権は当然に消滅します。しかし、登記簿上の抵当権は、当事者が登記申請をして抹消手続をしないとそのまま残ってしまいます。

売却の必要が生じた場合には、買主からこの消滅になった抵当権の抹消を要求されることになります。売却される場合は、売却と同時に抵当権抹消も手続きしてもらうように不動産業者や司法書士に相談しておきましょう。

ただ、手放すのが先になるのであれば、抵当権の抹消手続はお早めにされることをお勧めします。抹消手続をしないでそのままにしておくと、後々に手続きが煩雑になってしまうケースがあります。